Win10 ver.1709へのWindows Update時の不具合

 Windows10 ver.1709にWindows Updateで更新したところ、不具合が発生しました。

 Helloのカメラがオンにならない、スリープから復帰すると砂嵐の2点で、結論はカメラのドライバ更新とグラフィックスドライバのアンインストールで回避可能でした。

 追記:その後グラフィクスドライバの更新で砂嵐は解消されました。

Helloのカメラがオンにならない

 サインインに使用しているWindows Helloの顔認識でカメラが起動しなくなりました。

 「カメラをオンにできませんでした。PINを使ってサインインしてください。」と表示されサインインできません。PINでサインイン後、カメラアプリを立ち上げると正常にカメラは起動します。設定から顔認証サインインの設定で「認証精度を高める」を押してみるとカメラは起動せず、オンにできない旨のメッセージ。

 とりあえずPINでサインインできるのであるあるという事で後回しに。

スリープから復帰すると砂嵐になる

 こちらの方は明らかに深刻。

 ノートPCを閉じてスリープにし、さあ使おう、と思って開いてみると久しぶりに見たまさかの砂嵐の画面。ブラウン管テレビ以来、液晶で砂嵐が見られるなんて。マウスを動かしてみるとつられて動くカーソルらしき2~3cmの正方形が模様違いで見えています。電源長押しで終了させ再起動した後、電源ボタンを押すとシャットダウンするように設定し正しく終了できるようにして検証してみる事にしました。

砂嵐をググってみた

 同じ症状には到達できず。

 WindowsUpdateをアンインストールしようとしてもできず。

 仕方ないのでデルのEメールサポートに質問、ホームページから最新のグラフィックスドライバを当ててみる様に、との事。

から、

Intel-HD-Graphics-510-515-520-530-540-Driver_VTHJM_WIN_22.20.16.4771_A12.EXEという長い名称の300MBのファイルをダウンロードして実行してみたが症状は改善せず。

 一旦ドライバをアンインストールしてみる事に。

 再起動後勝手にドライバを探してインストールするのか、アンインストール後大きくなった文字やアイコンがしばらくすると解像度も元通りに。

 一応スリープにしてみるとなんと正常に戻っていました。アクセラレータがあまり効いていないかもしれないけど砂嵐よりはよっぽどましなので、これで使う事にしました。

グラフィックスドライバ22.20.16.4836

追記:2018年3月13日現在グラフィックスドライバのバージョンを22.20.16.4836にする事で砂嵐は解消されました。

Helloのカメラをググってみた

 マイクロソフトコミュニティやらSurfaceやらビデオの再生ソフトを入れたらとかなかなかヒットせず、カメラのドライバを更新したら治った、というのを見かけてこれは無いな、と思いつつ定番で簡単なのでやってみるとあっさり解決しました。

頑張れWindows Update!!

 もう少し頑張って~。Update後の不具合もWindows Updateして欲しい…。