ドライブレコーダー取り付け

■ドライブレコーダー取り付け

早速ドライブレコーダーの取り付けをしました。

まず、運転席下のパネルを手前に引いて取り外します。

スイフト運転席下パネル取り外し前

白い爪が6か所? 程有ります。

スイフト運転席下パネル取り外し後

右前ピラーカバーを取り外し、赤い線がACC、黒い線がアースなので、オーディオやナビの後辺りから割り込ませて取り出し、

スイフト右前ピラーカバー取り外し前

外したカバーの中を通して、上は内装に押し込み配線します。

スイフト右前ピラーカバー取り外し後、配線

ルームミラー左に配線を持って来て、ガラス上部に、ドライブレコーダーの台座に付属のテープを剥がして貼り付け、取り付け完了!!

スイフトルームミラー左にドライブレコーダーを取り付け

■夜間の対向車のナンバーは判別出来ないが大満足

 昼と夜に走って、早速画像を確認してみました。

 片側1車線の対面通行道路で、すれ違いざまの対向車の画像を確認すると、昼間であれば4桁のナンバーは判別する事が可能でしたが、夜間の対向車のナンバーはブレと解像度? のせいで残念ながら全く判別出来ませんでした。前にはナンバー灯が無いので厳しい様です。
 ナンバーの地名などの小さい文字は昼間でも、何となく判るか、判らないかギリギリのところです。
 もちろん、信号待ちで全走車の直後に停止したような場合であればくっきりと写っており判別可能です。夜間はナンバー灯などの加減によって白飛びしてしまう事も有りました。
 全体的には、奇麗な画像で撮れている様に思います。FHD画質なので、当たり前といえば当たり前ですが、たまにTVでドライブレコーダーの画像などと称してYoutubeの映像が放送されているものは、インターネット用に画質を落としてあるのか、もっと粗い印象だったので、流石FHD画質!という感じです。
 広角で画像が歪んでいる事と、日付時刻などが映りこんでいる事を除けば、記録用のビデオに使っても良いのでは?と、思える画質です。(もちろん私感です。)
 という事で、価格と結果を考えれば大満足です。