究極英単語

前回の英語学習の記事に引き続き、使っているアプリの詳しい紹介をしたいと思います。

■究極英単語


英単語、英会話、リスニングの教材が有り、更にTOEIC、英語検定などと別れ、その中で更にいくつかの教材に分かれています。残念ながら、無料では一部の教材しか使えませんが、試してみたところ気に入ったので課金してしました。

いまやっている、英単語-TOEIC-TOEIC頻出熟語で説明すると…

学習を選ぶと、まず英単語が表示され、答えを表示、わかる、わからないを選択します。答えを表示すると自動発音に設定していれば、発音が再生され、訳と例文が表示されます。スピーカーマークが有れば例文も再生されます。この音声再生が肝で、知らず知らずのうちに字面と発音がだんだん結びついて行きます。知らない単語は例文を見聞きしながら意味や使い方をすぐに確認して覚える事が出来ます。


日本語を見て正しい英単語を選ぶ、日本語を見て綴る、英語の音声を聞いて日本語を選ぶ、などの各種出題方法が有り自動で変わるように設定して使っています。

たまに例文などが抜けているものが有ったり、どの単語がこの問題の該当か判らない場合が有ったりしますが、徐々に修正されているようです。

間違えて〇を押してしまったり、これで覚えられるなのかなと思いながら使っていたのですが、忘却曲線に基づいてというのが効くようで、地道に続けていると全然知らなかった単語を少しずつ覚えられるようになりました。というかTOEIC英単語を選んで学習すると中卒英語レベルではほとんど知らない単語ばかりなんですけどね。

えーっと、忘却曲線というのはアレです様々な解釈が有る様ですが、物事を覚えてもすぐにどんどん忘れ始めるがそれを過ぎると少しずつ忘れる、というもので、それに基づいて、10分後、1時間後、1日後、1週間後、1か月後に復習すれば記憶が定着し易い、という様なものです。

復習を選ぶと今まで学習した教材すべてを対象に忘却曲線に基づいて出題されるようですが、なかなかそこまで手が回りません。無料の時は数が少なかったので、喜んでやっていたのですが今はさっぱりです。ホントはやればもっと忘れないのだろうな…、と思いつつ、少しずつやっています。

基本無料アプリばかり使っているのですが、このアプリの課金がかなり高い!! キャンペーンで30%OFF、50%OFFの時が有ったので半額なら問題集や参考書を何冊か買うのと同じと、思い切って課金しました。
Windows版は今は課金しなくても!!全ての教材が使える様ですが、ノートでもパソコンはあまり持ち歩かないので、やっぱりスマホで使っています。無料も重要ですが使う事の方がもっと大切なので。
このアプリが実はiPhoneから離れられない理由となっています。今メインでAndroidを使っているのですがこのアプリのアンドロイド版が無くそのためiPhoneを止められず、仕方ない、次はiPhoneに戻るか、とさえ考えさせます。でも高いんだよなー、iPhone。

という事で、毎日忘れないために続けています。